スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Kinks「Arthur or the Decline and Fall of the British Empire」 

お久しぶりです。
前回の記事では「この夏はブラックミュージックをいっぱい漁るぞーー!」なんて言ってたんですが
もうすっかり人肌恋しい時期に。。
そんな寂しさや漠然とした不安とかをまぎらわしてくれるのか、はたまたさらに寂しい気持ちになるのか、とにかくメイのお膝元(別に治めてはない)、ブリティッシュロックの季節です!!
そしてメイも久しぶりにはまってます!
英国純粋培養The Kinks、当ブログ2回目の登場!(1回目はコチラ)
なんかもっと書いておきたいバンドある気もするんだけどネ…

The Kinks「Arthur or the Decline and Fall of the British Empire」
arthur

69年作、英Pyeから発表されたThe Kinksの8枚目のアルバム。邦題「アーサー、もしくは大英帝国の衰退と滅亡」。
この頃はやりのコンセプトアルバム~♪
同じ時代に生まれたコンセプトアルバムにはビートルズのサージェントペパーズやフーのトミー、いちばん古いといわれているプリティシングスのS.Fソロウなんかがありますが、メイは一番好きだな、全部歌えるし。(…と言いたかったところですが、S.Fソロウもいいな)
ビートルズの名前がでてきたのでついでに、これは長年の疑問なんですけどリアルタイム世代以外の方、つまり後追い世代でもビートルズを崇め奉っていらっしゃる方が多いのはなぜでしょう?
その時代の先進性という意味ではリアルタイム世代の方が崇めるのはわかるんですけど、そのた他のバンドと何が違うのか、まだメイにはよくわかりません。。
まあこの話に進んじゃうとキンクスさんから外れちゃうので、ビートルズのアルバムのことを書くまでに考えておこうとおもいます!ついでおわり。ちゃんちゃん。

そしてそして前にも書いてますが、メイの英国好きはCamelで"英国の音"というのを知り、キンクス(と、もしかしたらWishbone Ash)で完成したということで、キンクスというバンドはメイの音楽遍歴で大変重要な位置づけになっています。
さらにいうと、メイが完全なる(シンフォ系)プログレ女子にならなかったのはキンクスのおかげもあるかもなのだ。
プログレっぽいものから離れてもこんないい音楽があるんだよ、っていう。
こんな外国の、しかも自分の生まれてない時代の、さらにアンダーグラウンドのロック聴いて、「ああ、これがわたしの求めてた音だー」なんてノーテンキにぬかしているのはキンクスさんの責任もあるということです、ふふーん。。

肝心の中身は前作「Villege Green~」が牧歌的だったのに対して、ロックだしドラマティックな曲が多いです。名曲「Shangri-la」を筆頭に。
何度も聴いてる今でもそのイントロが流れるとその美しさに震えます。
ぜんぶ事細かに言いたいくらいいい曲ばっかりなのだよ!
なんか本当に好きなものって、「素晴らしい」ってことばしかでてこない。。
そしてこんな大仰なタイトルで曲もドラマティックとはいえ、アーサー王のことをうたってるのではなく、「アーサーという名の一市民」の物語だっていうのもおもしろい。
正直メイも初めて聴いたとき「Shangri-la」は一発で気に入ったんだけど、他の曲は一発で入ってこなかったな。
2、3回目でようやく「あれ、いいでない??」って思った。
聴き込み甲斐ありますので、これから聴く方はゼヒ何度もチャレンジしてみてくださいませね!



本国ではオリンピックの閉会式にでるくらいの大型バンドかもしれないけど、日本じゃキンクスのキの字もでてこないよねぇ。
売れるためには女性の黄色い声がひつようなのよね…
世知辛いのう。。
とはいえそういうメイも恋人にしたいひとといえばレイさんより絶対的にケヴィン(Kevin Ayers)さんなのだけども。ウフ
ついでにケヴィンさんの今いちばんのお気に入りは「BBC Radio 1 live in concert」です。
ホールワールドと管弦楽団をバックに、最高の選曲。。

余談の多い記事でした。サヨウナラ

Tempest「Living in Fear」 

こんにちは、いまメイはすがすがしい気持ちにみち溢れてます。
これはなにも部屋においてあるアロマディフューザーのペパーミント(虫除け作用有)の匂いのせいだけではない!
嗚呼夏だ、テストが終わるって何と素晴らしいのでしょう。
ビアガーデンいきたい。

そんな時候を感じさせる文ではじまりましたが、今回は熱いハードロック!
夏は涼しげなのもいいけど、熱いのも聴きたくなります。
イタリアものとかも逆に夏に聴くのがいちばんしっくりきます。
ことしの夏はブラックな音楽をどんどん聴いてきたい!

Tempest「Living in Fear」
living in fear
Ollie Halsall / guitar, Moog synthesizer, piano, vocals
Mark Clarke / bass, vocals
Jon Hiseman / drums, percussion

74年作、英Bronzeから発表されたテンペストの2ndアルバム。
我らがケヴィンさんの片腕的存在のオリー・ハルソール氏お目当てでしたが、元コロシアムのJohn Hiseman、1stにはなんとAllan Holdsworthが参加してることで有名。
ollie halsall

シンセも操っております、オリーさんのケヴィンさんバンド以外での活動ではいちばん好きです。
(というか他をたいして聴いたことがないけど、Pattoとかいいのかしら)

曲自体は既聴感あるような気もするけど、演奏が熱くて3ピースながらというか、3ピースだからというべきか音がぶ厚くてかっこいい!
オリーさんが隙間隙間をどんどん埋めてってるかんじ。
オリーさん作曲の表題作、「Waiting for a Miracle」なんかはポップでやっぱりちょっと変でとってもいいです。
こういうところでケヴィンさんと合うのかなあ。
ビートルズのカバー「Paperback Writer」は、メイは聴いたことあるかないかくらいだったので普通にオリジナルとして聴いてしまいました。
オリジナルアルバムにはいってない…ですよね?

ハードロックは最近あんまり聴かなくなったけど、ひさしぶりに聴いたらよいですー



口パクですが笑


Ian Dury and the Blockheads「New Boots and Panties」 

おひさしぶりです
見てくださってるかたはいるのかしらとおもいますが
いまにはじまったことではないけど学校がつらい。
テスト前で計算ばっかしてます、現実逃避でいまひさしぶりにブログの管理画面あけました。
ていうかブログの存在わすれてました笑
月刊「メイのらぷそでぃ」復刊!!

きょうは朝昼夕関係なくいやがおうにもテンションをあげてくれるアルバム。

Ian Dury and the Blockheads「New Boots and the Panties」
new boots and panties

77年作、英Stiffから発表されたイアン・デューリーの1stアルバム。
Ian Duryは英ロンドンパブからパンク前夜にでてきたひとだけど、Dr.feelgoodとかとはちがってビートバンドというよりは黒っぽい、でもすごくイギリス(ロンドン)っぽいバンド。

このアルバムはファンキー(むしろフュージョン寄り?)な曲、ロックンロールな曲、カリビア~ンな曲まで雑多です。
あのファンキーなバンドと力の抜けたかんじの声の対比がものすごく気持ちがいい!
あくが強くて、冷めてる、けど熱さがあっていい声だとおもう。
好きですよ、そういうひと笑
まあ歌詞は率直すぎてなにもいえないけど笑



独TVショーにでたときの映像。「New Boots and the Panties」収録曲ぜんぶ演ってます。Part2もあります。


さあて、べんきょうにもどるかー。ふふ

Roxy Music「Roxy Music」 

最近ロキシーがメイの中で再燃してて、もうこればっかりです。
「Siren」までは好きなんだけど、「Avalon」になると逆に居心地悪いというかすぐ流れてることわすれちゃうかんじ。初期2枚、特にファーストはすごくすき。
音楽好き以外でメイのCD棚の内容をチェックするひとなんていないですが、パッと1枚抜かれて偶然これだったら確実にヘンタイに認定されるだろうなーっていうアルバム。
しかもかわいくないし爆
女の子の部屋からこんなの出てきたらふつうどう思われるんだろ?
訝しまれて「いやいやこのアルバムいいのよ!」って聴かせても挽回できそうにないよね。
まあそうか、こういうの好きなひとがヘンタイと人がいうならメイは確実にそうです、ええ。

Roxy Music「Roxy Music」
roxy music

72年発表、英Islandから発表されたロキシー・ミュージックのファーストアルバム。
RoxyはKing Crimsonからピート・シンフィールドによるプロデュースだったり、ジョン・ウェットンが参加してたり、エディ・ジョブソンとかフィル・マンザネラとか参加してる時期があったり、プログレに関係が多いけど様式としてはぜんぜん違う。
なんかこのバンドがパンクの父という風潮があるらしいけど、たしかにメイからするとパンクより破壊力抜群というか、
ジャケットのように毒毒しくって刺激的な音!もうちょっとで壊れそうで危ういかんじ!
とくに「2H.B.」あたりではぞくぞくしちゃいます。イントロのシンセが。
あんまり意識したことなかったけど、メイはイーノ氏がすきなのだろうか。
もう片方のノン・ミュージシャン、ブライアン・フェリー自体のよくいわれるダンディズム的な感覚はあんまり好きじゃないんですけど。
そもそも歌ってる姿を受け入れることができないという。

エディ・ジョブソンの時期の美しさもいいけど、ファーストはもう圧倒されるっていうか、いいなああ。
アヴァロンに到達しちゃったロキシーより今のところ断然すきです。

やっぱりイーノさん目立ちすぎ笑


Julie Driscoll, Brian Auger & The Trinity「Open」 

ついに月刊誌になりさがりました…メイですこんにちは。
ここ最近忙しく、むしろ12、1月あんなに更新できてたことが逆にオカシイくらいなのですが、ちまちまとやっていきますので見てくださってる方週1くらいはのぞいてやってください…
そしてひさしぶりの今日も最近買って感動したアルバムのおはなしを。


Julie Driscoll, Brian Auger & The Trinity「Open」
open
open2
Brian Auger / vocals, keyboards
Julie Driscoll / vocals
Dave Ambrose / bass
Clive Thacker / drums

67年発表、英Polydorから発表されたJulie Driscoll, Brian Auger & the Trinity名義のアルバム。
ジャケットの女性ジュリー・ドリスコルといえばキース・ティペット氏のパートナーでありイギリスを代表するジャズシンガー、かたやブライアン・オーガーも今でも現役の名オルガニストでどちらも有名。
当時のロンドンの空気をそのまま吸い込んだような全体的にアシッドな音ですが、ジャジーなロックで驚き。
この時代でジャズロックって結構最先端だったんじゃないかしらん。1曲目の「In And Out」からブライアン・オーガーのオルガンがぐいぐいかっこいいー。
「Goodbye Jungle Telegragh」みたいにちょっと即興的で攻めてる曲もある。
LPでいうA面でオーガーのオルガンを堪能したら、B面はジュリーの番、ってカンジで思ったよりソウルフルでよいー。

これはすごいなー。ティペットさんとジュリーのコンビプレイも聴いてみようかな。




もうひとつ有名なのは「Streetnoise」っていうアルバムで、The Doorsの「Light My Fire」をカヴァーしてるんですがコレが最高にシブくてかっこいいんです。
ほんきでドアーズファンもうなるんじゃなかろうか。
好みもあると思うけど。(弱気)

ほかの曲もネタ使いがすごいのですがモトがわからず。

後追いのメイからしたらジュリーはどう考えてもアーティストなんですが、当時はアイドル的な扱いも受けたそう。
そんな扱いに抵抗してさすが60sな下まつげだけどピエロみたいで個性的。
julie
(image Faces Places & Lipstick Traces)
こういうショートのカッコイイ女性を見るにつけ、メイのショートにしたい欲望がじわじわと湧いてきたものなのですが、メイがやってもかっこよくならないっていうことがここ1年くらいでようやくわかってきたので諦めてしまいました。
また悟ってしまって自分でもさびしい笑

Traffic「John BarleyCorn Must Die」 

こんにちはおひさしぶりです。
メイがバーチャルワールドにいない間にも足を運んでくださってるかたがいるようで、もうしわけございません。
なんか途中まで書いては下書きにして、5記事くらいたまっちゃいました…
春めきまして花粉が鼻腔をくすぐっておりますが。
これからはもうすこしマメにはたらきたいとおもいます。ええ。

そういえば雑誌れこーどこれくたーずやすとれんじでいずでだいぶ前に特集されていたので知ってるかたも多いと思いますが、おとといはHarvestレーベル名盤再発祭りでした!
Kevin Ayers、ELOその他ロイ・ウッド関連などなどがたったの1200円で!
プログレレーベルって言われてますけど、そんなアルバムばっかしじゃないはずなのでみなさんお買い求めを!
多少?アンダーグラウンドな匂いは漂ってそうですが。
メイもおそらく少しずつ集めます。うふふ
一応リンクはっておきますので、カタログとかよければみてください。

Harvest名盤シリーズ

そしてトラフィックなのですが、輸入盤中古だとずいぶん安くなっちゃってました。
つい最近新しく500円で手に入れてしまった、このアルバム

Traffic「John Barleycorn Must Die」
john barleycorn must die
Jim Capaldi / drums, percussion, vocals, tambourine
Steve Winwood / organ, piano, vocals, percussion, bass guitar, electric piano, acoustic guitar
Chris Wood / sax, flute, electric sax, percussion, organ

70年作、英Islandから発表されたTrafficの4枚目のアルバム。
トラフィックってこんなオトナな雰囲気だったかしら?という感じです。
ウィンウッドさんもしっとりと歌ってるし、ああでも「Freedom Rider」でのコリン・ウッドのサックスはすごーく聞き覚えがある。
都会的でグルーヴィー、枯れた味わいもあって素敵なアルバムです。
タイトル曲は「John Barleycorn」っていう英国民謡がモトになっていて、トラフィックに限らずいろんなひとがアレンジし直しながら歌われているそう。
"John barleycorn"はビール作りの行程を擬人化して唄ったもので、大麦(Barleycorn)は人々のために死ぬべし(ビールになるべし)ってそんな感じだから解釈が大量にあるらしい。
英国民謡はイギリスに限らずロックと切ってもきれないから、ここをもっと知ったらまたおもしろいんだろうな…とかまた課題が笑





まま、実をいうと今ではトラフィックよりSpencer Davies Group時代のウィンウッドさんが好きで、よく聴きます。
定番ですが。


スティーヴ・ウィンウッド、美男子なのよね。
メイは長らくウィンウッドさんのことをロジャー・チャップマン(from Family)系のモサッとした暑苦しい外見の持ち主だと思っていたので、動画を見てイケメンだと知って多少混乱してました笑
今でもなぜかMr.Fantasyをあの顔でうたってるとはどうしても思えない笑

steve winwood

Kevin Ayers (and the Whole World)「Shooting at the Moon」 

たいへんショックな訃報です。
我らがボヘミアンヒーローKevin Ayers氏、2013年2月18日永眠されました……。
南仏の自宅で眠るように息を引き取っていたそうです。

ayers1
(image the Guardian)

最後に来日したときのインタビューで「引退する」ようなコトを言いながらも、その数年後に「The Unfairground」を発表したりして、音沙汰はここ5年くらいなかったけどなんだかんだ楽しく過ごしてらっしゃると思ってたのに。
また飄々とシーンに出てくるんだと思ってたのになぁ。

かなり悲しくなって、John Caleもヴァイオリンで参加している「Howling Man」の映像とか見ながらボロボロ泣いてたのですが、諸作品を聴いてたら悲しいは悲しいのだがそういう感情とは別次元なトコロで漂って、ストンと落ちました。
"You can't shine if you don't burn."(燃えなければ輝くことができない)
という言葉が枕元に残されていたらしい。
遺言なのか、死ぬ直前に考えていたことなのかわからないけど、エアーズさんは燃えて輝いて尽きたのかなぁ。

飄々としながら素敵なヒッピーであり紳士でした。
いろんな作品を残してくれてありがとう。

そして今日はその中でメイのいちばん好きなアルバムのおはなし。

Kevin Ayers and the Whole World「Shooting at the Moon」
shooting at the moon
Kevin Ayers / guitar, bass, vocal
David Bedford / piano, organ
Lol Coxhill / saxes
Mick Fincher / percussion, drums
Mike Oldfield / guitar, bass, vocal
Robert Wyatt, Bridget St.John / vocal

70年作品、英Harvestから発表された元Soft Machine、Kevin Ayersのソロ2作目。邦題「月に撃つ」。

時代が時代なのでサイケ風味ではありつつメロディがすばらしい。
「The Oyster and the Flying Fish」はあのBridget St. Johnがエアーズさんとユニゾンで「Urah~Urah~Urah~Urah」うたっていることでも有名ですが、もう世界観もポップさもケヴィンちゃんらしくってカッワいいー!のです。
適度?にアヴァンギャルドなのもまた魅力。
メイが初めてこのアルバムを聴いたときは、まだ現代音楽的なものに慣れていなかったので、急にテープ誤操作みたいなノイズが入って思わず「あれ、盤面良好だったよな?」って確認してしまいました。
そういう適度っていうかかなり変なところもありつつ。
そして若手新人マイク・オールドフィールドのベース&ギターが全編冴えておりまして、オープニングの「May I?」からメロディアスなベースラインに耳を奪われます。
能天気な浮遊感。
「Joy of a Toy」のはなしでもいったような気がしますが、このアルバムもエアーズさんを表すようなチャーミングなアルバムです。
ああ、そんなことを言うと泣いてしまうわ☆
アルバムが月を撃って終わるのもオツです。(聴いてみたらわかります♪)

やたら画質の良い映像で若きエアーズさんの「May I?」が聴けますのでぜひ。ちなみに長髪イケメン大型新人マイク・オールドフィールドもいますのでぜひ。
イギリスのロック番組「OLD GREY WHISTLE TEST」の映像です。




Thank you and so long, Kevin.
R.I.P.
Love.

↑カッコつけてゴメンナサイ。(素直に終われないメイ)

Cressida「Cressida」 

最近ポトフ的なものに大ハマリしていて、夜ごはんはポトフだけ思いっきり食べるのですが、この時間(深夜1:30)になるとものすごくおなかが減って集中力が途切れてきてます。
この記事を書いてる今も何か腹に収めようか否か考えてて、集中できません。ふーん
普段だったら食べてるけど、今は実家なので思い通りにいかないわ☆

今日もべつにポトフとは関係なく、オルガンロックってやっぱりいいなってことで。

Cressida「Cressida」
cressida
Angus Cullen / vocals
John Heyworth / guitar
Peter Jennings / harpsichord, organ, piano
Kevin McCarthy / bass
Iain Clark / drums

70年作品、英Vertigoから発表されたCressidaのファーストアルバム。

VertigoのオルガンロックといえばAffinityもいますが、このバンドもよく名前がでてきますネ!
この筋では非常に有名なバンド!
どちらも過渡期の音だけど一言でいえばアフィニティは熱いけど、クレシダはクールでお洒落なイメージ。
胸をうつ叙情的なメロディがいっぱい詰まってます。
ツンツンのロマンチストです。
Caravanのグレイとピンクの地の湿り気をもっと枯らしたらこんな感じかも。
ボーカルも良い言い方をすればシンクレアさんみたいな高貴なうたいかただし。
なんかバラエティに富んだアルバムで、意外と全部の曲好きだ。
こういうバンドがいるから英アンダーグラウンドはたのしーい♪

このギターのメランコリックなフレーズ。
もっともこのひとはピックでは弾いてなさそうだけど。


ちなみに有名な2ndはフルで聴けますよ~。この完成度は名盤といわれるよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。