スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kevin Ayers (and the Whole World)「Shooting at the Moon」 

たいへんショックな訃報です。
我らがボヘミアンヒーローKevin Ayers氏、2013年2月18日永眠されました……。
南仏の自宅で眠るように息を引き取っていたそうです。

ayers1
(image the Guardian)

最後に来日したときのインタビューで「引退する」ようなコトを言いながらも、その数年後に「The Unfairground」を発表したりして、音沙汰はここ5年くらいなかったけどなんだかんだ楽しく過ごしてらっしゃると思ってたのに。
また飄々とシーンに出てくるんだと思ってたのになぁ。

かなり悲しくなって、John Caleもヴァイオリンで参加している「Howling Man」の映像とか見ながらボロボロ泣いてたのですが、諸作品を聴いてたら悲しいは悲しいのだがそういう感情とは別次元なトコロで漂って、ストンと落ちました。
"You can't shine if you don't burn."(燃えなければ輝くことができない)
という言葉が枕元に残されていたらしい。
遺言なのか、死ぬ直前に考えていたことなのかわからないけど、エアーズさんは燃えて輝いて尽きたのかなぁ。

飄々としながら素敵なヒッピーであり紳士でした。
いろんな作品を残してくれてありがとう。

そして今日はその中でメイのいちばん好きなアルバムのおはなし。

Kevin Ayers and the Whole World「Shooting at the Moon」
shooting at the moon
Kevin Ayers / guitar, bass, vocal
David Bedford / piano, organ
Lol Coxhill / saxes
Mick Fincher / percussion, drums
Mike Oldfield / guitar, bass, vocal
Robert Wyatt, Bridget St.John / vocal

70年作品、英Harvestから発表された元Soft Machine、Kevin Ayersのソロ2作目。邦題「月に撃つ」。

時代が時代なのでサイケ風味ではありつつメロディがすばらしい。
「The Oyster and the Flying Fish」はあのBridget St. Johnがエアーズさんとユニゾンで「Urah~Urah~Urah~Urah」うたっていることでも有名ですが、もう世界観もポップさもケヴィンちゃんらしくってカッワいいー!のです。
適度?にアヴァンギャルドなのもまた魅力。
メイが初めてこのアルバムを聴いたときは、まだ現代音楽的なものに慣れていなかったので、急にテープ誤操作みたいなノイズが入って思わず「あれ、盤面良好だったよな?」って確認してしまいました。
そういう適度っていうかかなり変なところもありつつ。
そして若手新人マイク・オールドフィールドのベース&ギターが全編冴えておりまして、オープニングの「May I?」からメロディアスなベースラインに耳を奪われます。
能天気な浮遊感。
「Joy of a Toy」のはなしでもいったような気がしますが、このアルバムもエアーズさんを表すようなチャーミングなアルバムです。
ああ、そんなことを言うと泣いてしまうわ☆
アルバムが月を撃って終わるのもオツです。(聴いてみたらわかります♪)

やたら画質の良い映像で若きエアーズさんの「May I?」が聴けますのでぜひ。ちなみに長髪イケメン大型新人マイク・オールドフィールドもいますのでぜひ。
イギリスのロック番組「OLD GREY WHISTLE TEST」の映像です。




Thank you and so long, Kevin.
R.I.P.
Love.

↑カッコつけてゴメンナサイ。(素直に終われないメイ)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ええ!? そうでしたか・・・。知りませんでした。
2/18といえば、私がA社に注文していた『Shooting At The Moon』が届いた日。
その日に亡くなっていたとは・・・。

先週、突然ケヴィンが頭の中にポンと出てきて、すぐにポチっとしたんですが、ひょっとして彼の死を予兆したのかも?・・・そんなわけないか^^;
『Shooting At The Moon』、これはいいです。良いアルバムでした。

Re: いつもありがとうございます

うわぁ~シンクロニシティの不思議。
でもそういう縁もあるんですねー。

なかなかそういうの覚悟しなきゃいけない時期にきてる気がしてツラいれす。

ウララ~

メイさんはじめまして。

Kevinさん残念です。
訃報を知った時は、えっ?本当?という疑念が先に立ちました。
また飄々と現れてきそうな感覚はいまだ拭えません。

私は幸運なことに3回目と最後の来日は
見ることができました。
最後はある意味伝説のステージだったかも?

BBC RADIOの追悼番組では
ウララ~(BBCのライヴ音源)がかかってました。

「メイさんの名前クイーンのブライアンのものかと思ってたけれど
May Iのメイかしら?」(モモ)

では~☆

Re: ウララ~

はじめまして!コメントありがとうございます~。

2回も御姿をご覧になったんですか!うらやましいです。
最後はたしか途中で試合放棄なさったんでしたっけ?(^-^)
その現場にいらっしゃったんですね!

>モモさん
正直「らぷそでぃ」にはブライアン・メイがかかっちゃいますが(確かに「メイ」からラプソディを連想しましたし)、今からでもMay I?のメイにしておきたいです笑

メイさん、こんにちは。ケヴィンの訃報は新聞で知りました(合掌)。でも、この年(メイさんの倍以上)になると「そうか、亡くなったんだー」程度になってしまうのが、悲しい現実。私も20代の頃、ニコが亡くなった時はもっとショックだったな、と思い出しました。
動くロン毛のマイクを見るのは、もしかしたら初めてかも?若い頃のケヴィンは美少年でしたね。「カリビアン・ムーン」のセーラー服姿は、「ベニスに死す」みたいでしたもの。

ユッカリーナさん


こんにちは!コメントありがとうございました
ケヴィンさん新聞に載るんですねー、びっくりしました嬉しい?ですけど。
ニコもずいぶん早く亡くなりましたよね…イビサで。

ああ!このセーラー姿どこかで見たコトあるなと思ったらタジオ少年だったんですね!納得です。
あのPV全体的にみんなそっちっぽいですよね笑
可愛いのですきですけど。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。