スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cressida「Cressida」 

最近ポトフ的なものに大ハマリしていて、夜ごはんはポトフだけ思いっきり食べるのですが、この時間(深夜1:30)になるとものすごくおなかが減って集中力が途切れてきてます。
この記事を書いてる今も何か腹に収めようか否か考えてて、集中できません。ふーん
普段だったら食べてるけど、今は実家なので思い通りにいかないわ☆

今日もべつにポトフとは関係なく、オルガンロックってやっぱりいいなってことで。

Cressida「Cressida」
cressida
Angus Cullen / vocals
John Heyworth / guitar
Peter Jennings / harpsichord, organ, piano
Kevin McCarthy / bass
Iain Clark / drums

70年作品、英Vertigoから発表されたCressidaのファーストアルバム。

VertigoのオルガンロックといえばAffinityもいますが、このバンドもよく名前がでてきますネ!
この筋では非常に有名なバンド!
どちらも過渡期の音だけど一言でいえばアフィニティは熱いけど、クレシダはクールでお洒落なイメージ。
胸をうつ叙情的なメロディがいっぱい詰まってます。
ツンツンのロマンチストです。
Caravanのグレイとピンクの地の湿り気をもっと枯らしたらこんな感じかも。
ボーカルも良い言い方をすればシンクレアさんみたいな高貴なうたいかただし。
なんかバラエティに富んだアルバムで、意外と全部の曲好きだ。
こういうバンドがいるから英アンダーグラウンドはたのしーい♪

このギターのメランコリックなフレーズ。
もっともこのひとはピックでは弾いてなさそうだけど。


ちなみに有名な2ndはフルで聴けますよ~。この完成度は名盤といわれるよね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

名前と2ndジャケットは知っていましたが
恥ずかしながら聴くのは初めてです。

Home and ~ は聴き易くおしゃれな感じですね。
2ndはオルガンがかっこいいですなあ。

さすがVertigoレーベルは侮れません!

うーん、私も持ってませんでしたが、確かに2ndいいですねえ。
来月のお小遣いで買いたいと思いますw

プロフィールの絵-フェイス・トゥ・フェイスでしたか・・・なるほどw

Re: 面白半分さん

コメントありがとうございます。
さすがキーフさん♪
やっぱり評判は2ndのほうがイイですね。
Vertigoさんには足を向けて寝られません!

Re: 実験鼠さん

コメントありがとうございます。
1stもいいんですよ!ぜひ2ndだけと言わず…!笑
只今1st布教活動中です!

頭から花が湧いてるだけですけどね~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。