スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Renaissance「Ashes Are Burning」 

ここにきてようやく50記事ほど書きましたがアーティスト目次でまだまだ埋まっていない欄があってさびしいので、しばらくは埋めていくシリーズでお送りいたします。
埋まっていく歓びをひとり密かに噛みしめる自己満なシリーズ。
ご来場のみなさまには、目次をシリメにあたたかく見守っていただけるとうれしいです笑

では、直球すぎる名前にしり込みしそうになるバンド。

Renaissance「Ashes Are Burning」
ashes are
John Tout / keyboards, vocals
Annie Haslam / lead vocals, assorted percussion
Terence Sullivan / drums, percussion, vocals
John Camp / bass, guitar, vocals
guest:
Michael Dunford / acoustic guitar
Andy Powell / guitar on 6

73年作品、アニー・ハズラム嬢を擁する英バンド第二期ルネッサンスのセカンドアルバム。邦題「燃ゆる灰」。
ルネッサンスは69年結成のバンドで、プログレの枠で語られることが多いのですが、ヤードバーズ出身のキース・レルフの時代である第一期と再結成後の第二期では作風が異なります。

プログレのホメ言葉として「クラシックとロックの融合」っていうのがよくあって、ルネッサンスも即座に名のあがるバンド。
メイもそのような触れこみに嬉嬉として反応していた時代があったのですが、ルネッサンスは確かにクラシック的な高尚な雰囲気のある音なんですけど、もっと雑多な音楽性で、ドラムとかもタイトだしロックしてます。
英国女性ボーカル好きには絶対女神という感じのハズラム嬢。
ピュアな歌声に癒されます。
「Can You Understand」このすさまじく華麗なオープニング、格調高いピアノはメイ的にはLocanda Delle Fateの「Forse Le Lucciole Non Si Amano Piu」と双璧をなしてます。
最後の大作「Ashes Are Burning」Wishbone Ashのアンディ・パウエル氏のギターの美しさはもう悶絶。
パンク時代も全盛期と変わらない音を出し続けていたんだから、ルネッサンスは時代の移ろいとは関係ない場所で結成から解散まで自分たちの音をやっていたんだなぁ。

おなかの中にいる子供に聴かせ続けたら、酸いも甘いも知る優しい大人に育つんじゃないかと妄想 笑
ハズラム嬢の声を子守唄がわりに。
逆にメイの声でおとなしくなってくれないかもしれん、こまるわ。ふふん

これほんと名演じゃないですか?スタジオ録音よりずっとすき。


よろしければ、第一期のほうも。(1stアルバム「Renaissance」収録)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apollochocolatte.blog70.fc2.com/tb.php/82-0ac40754

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。