スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細野晴臣「銀河鉄道の夜」 

きょうの夜はDVDを何本か観ました。
その内容の一部がガンダム、どうしてもイントロから歌っているうちにゾンビーズの「Time of The Season」になってしまうスタンドバイミー、というやたら男性推奨のものばっかりだったのでぜんぶ観終わって自分の女子力の無さにがっくり。(今更)
その後「アメリカの夜」を観てジャクリーン・ビセットの美しさになんとかある程度潤いを取り戻しました。笑
トリュフォーすきです。

というわけで映画脳になっているので、ちらっと趣向を変えてお気に入りのサウンドトラックとその映画のおはなしをしようかしらん。
誰もが小学生のとき1回は読んだ(あるいは読まされた)宮沢賢治の傑作「銀河鉄道の夜」のアニメ映画。
いまでも根強いファンの多い映画のようです!

細野晴臣「銀河鉄道の夜」(Soundtrack)
gingasound

サウンドトラックを単体で聴く時におもうのは、画無しで聴いて価値があるのかないのか?っていうあたりですよね。
映画音楽としてはよくっても、印象に残っていないことは間々ありますもの。
そこでこの映画ではミニマルなシンセものな雰囲気ではあるけれど、音の広がりがすごく感じられて、耳に残る愛らしいメロディもあったりして、映画を観終わったあとも存在が残りました。
映画ありきの音楽であるっていうところでは、映画音楽としての役割をじゅうぶんすぎるくらい果たしているので、映画を観ているひとは画を思い出しながら浸れるし、かつ音楽としても宮沢賢治の宇宙的な、オリエンタルな世界観を表現しているのです!
晴臣氏がこのころ民族音楽に興味を持ち出したのもあって、そのエッセンスがかなりきいてるんじゃないかなと思います。
こんなに音楽が画ほどにモノをいいながら、映画音楽としても機能してるってスゴいなぁ。
あは、ベタぼめ。すきです。




gingatetsudou
擬人化されたネコが主人公です。
人間にしなかったのは、いろいろと生々しくなったりするなど理由はあるみたい。


余談ですが、メイが細野さんの民族音楽への興味を目の当たりにしたのは、ある民族音楽に関する本のオビだったなぁ。
「そうそう○○くん、もっと教えて!!」
細野さんも知らないことあるんだぁって思った。うふふ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

完全にYMO世代でYMOファンでした。・・・ですが、YMO解散後については、ほとんどフォローしていなくて、細野さんの作品もYMO以降はほとんど聴いていないんですよね^^;

本作も聴いたことが無かったので、お恥ずかしいかぎりなのですが、エキゾチックな雰囲気はやはり細野さんらしいですね。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます(遅れてスミマセン!)

関わってるところがおおすぎて手をだすの億劫になりますよね笑
でもメイは3人の活動だったらいちばんすきなもの多いかもです。
YMOを逆にあんまりきいてないのでおしえてください♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apollochocolatte.blog70.fc2.com/tb.php/78-0dea65fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。