スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eric Carmen「Change of Heart」 

年末年始実家に帰省したときにちちうえから「イイよ~」とおすすめされたこのアルバム。
ちちうえは貸してくれるといってくれましたが、じつはだいぶ前、まだメイがシンフォ系のプログレばっかりを聴いていて「クラシックとプログレは高尚な音楽じゃー!」と浅ましくも思っていたとき、エリック・カルメンの曲でラフマニノフのピアノ協奏曲第2番をモチーフにしたものがあるという情報を耳にしてちちうえのCDラックからこっそり拝借してPCに取りこんでいました。
ちちうえ、「ツタヤでかりたからもってる~」といったのはウソでございます。
ここにおわびして訂正いたします。うふ
別にウソつく必要なかったよね。よくあることですよね、たぶん。
メイのCDも先輩に貸して返ってこないし。困るわ、お気に入りばっかりかしたのに!

このアルバムたしか1,2曲聴いてやめちゃったんじゃなかったかしらん。
これを機会に昔ダメだったものに再挑戦というのもアリよね。
メイにはことしの目標として苦手なもの、嫌いだとおもっているものに挑戦してみるというのがありますしね。
というわけで今回はその挑戦の模様を中継したいとおもいます。

Eric Carmen「Change of Heart」
change of heart

78年発表、Eric Carmenの3rdアルバム。
エリック・カルメンはパワーポップ系バンドラズベリーズの元ボーカリスト。74年にラズベリーズが解散し、以降ソロで活動を行っています。
歌はもとより、プロデュース、作曲もこなし、さらにはマルチプレイヤーという天才っぷり。

さすがにメロディ職人と言われるだけあって、甘酸っぱく洗練されたメロディがいっぱい詰まってます。
「Desperate Fools Overtunes」は古き良き時代の映画のサントラのようですし、それから「Haven't We Come a Long Way」への流れもよいですよね。
けれどもごめんなさい、やっぱりもぞもぞするというか居心地がわるいというか…
なんでしょ、学校では勉強もスポーツもできて、老若男女だれからも好かれるキラキラした好青年を目の前にしているかんじで。
これがただのコンプレックスからなのか、単に趣味にあわないだけなのか。どちらもあるような気がしますけど。
まだ聴き時ではなかったみたい。
カルメンさんはなんにも悪くありません。

今回は個人的見解が過ぎましたね笑
でもこういった音がわかるようになったらそれはオトナになった証拠なんじゃ?とおもいますので、気が向いたらまた挑戦しよっと。
そういう音楽がいっぱいあるのでね、ちょうど聴き時とバッチリあったら、また聴くものが増えてうれしいし。

ちなみにこのアルバムには前述のお目当ての曲「All by Myself」ははいっていませんでした。(今更)



聴いたみたシリーズ、続けるかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apollochocolatte.blog70.fc2.com/tb.php/72-69a17609

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。