スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Peter Hammill「In Camera」 

メイはもともと書きたがり&始めたがりで、いろいろと始めてみては自分の力量と熱量不足でフェードアウトしていくっていうのが常でありましたん。
っていうのもいまブログ黎明期にともだちとやっていたブログを発見して、ほんとに続かないなぁっていうのと、カッコつけっていうか自分の中身の無さがバレないようにするのに必死っていうか、そのへんが一向に変わってないなっていうことにショックを受けたのれす。
そして出会いに恵まれてはいたのだった、じぶんがそれを上手に大事にできなかったんだということにも。
長期的にかかわっていくっていうことをしてきてないから、いまの自分はツギハギだらけ。
もっとオトナになれば、自分を型にとったらポン!って取り出せるようなそんな人間になれるのかしらん。
まぁそんなこと言ってないでこのブログもまいにち頑張らねばね。
20も越えて青くさっくてはずかしいっす。
まだまだおケツが青いですがあたたかく見守っていただけるかたがいるとうれしゅうゴザイマス。
とりあえず1記事にかかる時間を減らしたいわ☆

さてさて閑話休題。


Peter Hammill「In Camera」

in camera
Peter Hammill / vocals, guitars, bass, piano, harmonium, mellotron
Chris Judge Smith / percussion
Guy Evans / drums
Paul Whitehead / cymbal, cello, percussion
David Hentschel / ARP synthesizer

74年作、英Charismaから発表されたプログレバンドVDGG(VAN DER GRAAF GENERATOR)のボーカリスト、ピーター・ハミルの4枚目ソロアルバム。
SSWであり、詩人であり、傑出した歌手でもある。
VDGGとしての活動も有名ですが、ソロ作品も数多く、その作品が彼の多彩な魅力をみせています。
今現在まで現役でコンスタントに新譜を発表しつづける働きモノ。
ハミさんありがとう。

メイ自身VDGGは「Pawn Hearts」しか聴いたことがないのですが、彼のソロ作品は結構聴きました。
ハミさんの歌声は正統派でこそないけど、バンドでのハミさんより丸裸で、悲しみと強さをふくんでいるように感じます。
やっぱりバンドでは「楽器としてのボーカル」のように聴こえるので。
それで自分を外から見つめられる知的さがある。表現者なんだなーと思う。
音はムーグとかも鳴っていてかなりダークな美しさ。小曲が多いけど。

はー、なんかいまの自分にカツをいれられた気分。



ただ、一瞬でトリコになってしまうひともいれば、拒否反応がでてしまうひともいるだろうということでハミさんの声に慣れていただくのにはこちらのアルバムがよいかも。
「The Love Songs」
the love songs
自身のラブソングを再録音したりして再編集したアルバム。牧歌的な雰囲気さえ漂ってます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apollochocolatte.blog70.fc2.com/tb.php/71-c4e57b11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。