スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Donovan「Sunshine Superman」 

先日のツェッペリンの再結成ライブの衝撃が結構尾をひいていて、時代は進んでるんだよなぁって思わされました。
オリジナルのメンバーはもう揃うことはないけど、こうやってボンゾの息子が血を受け継いでやってたりするわけで。
古いアルバムばっかり漁ってる自分の懐古主義的なありかたをちょっぴり反省しました。。
まあこれでも最近はいまの音楽シーンに興味がでてきていたほうなんですけども、あらためて。
というわけで、洋・邦とわずいいバンドがいたらどなたかおしえてください。ふふ

今回もまたジョンジーに引っぱられて、彼にゆかりのあるおかた。Donovanです。
ジミー・ペイジとジョン・ポール・ジョーンズ、両方参加していて、特にジョンジーがアレンジ面でも貢献していたり、これ以降も関わっていたりします。


Donovan「Sunshine Superman」
sushine superman

66年作、英Epicから発表されたSSWドノヴァンの3rdアルバム。
フォーキーな前2枚から、時代のムーヴメントにのってサイケデリックなアルバムになりました。
ドノヴァン王子です。王子!

シタールとかサイケな手法を用いているんですが、すごい柔らかいです。
だらだらとした退廃的な雰囲気にのみこまれそう…
歌っている内容もトリップしたがってばっかり笑
でもあんなピュアであま~いフェイスで誘われちゃったらついていっちゃいそう。
実際メイは一時期取りつかれたように聴いてましたけどねん。
そんなソフトなかんじなので、どろ~んとしたのが苦手でもいけます。

ジョンジーによせた話になると、最初は演奏のみの参加だったのがここで必要にせまられアレンジもすることになったことで、アレンジャーの道がひろがったという噂もあります~。



関係ないけど、ジャケット似てる。
John Anderson「Song of Seven」
john anderson

もっと夢見心地のアルバムもあります。
「HMS Donovan」とか。
hms donovan
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apollochocolatte.blog70.fc2.com/tb.php/68-ccb56a1b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。