スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Formula Tre(3)「La Grande Casa」 

あけました。おめでとうございます。
2013年よい年になりますように。メイはよい年にします。
神社でわざわざ並んで、神さまに、お祈りというか勝手に決意表明してきました。うふふ

1月に入ったということで 「イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル最終楽章 2013」のホームページ先行予約が迫っているのですが、いまだに行くか行かないかふんぎりがつきません。
飛行機代往復3万がメイにはプラスされるからな…これが春休み中ならなぁ…
いまどきこんなに高いライブあります?もー学生にもっとやさしくしてっ(いえ、きてくれるだけでありがたいのよ)

いちおう詳細はこちらから。
Italian Progressive Rock Festival 2013

そのフェスの第2章(2012春)に出演予定だったはずが直前にキャンセルになってしまったリベンジをしにきてくれ、絶対に演ってくれるであろうフォルムラ・トレのアルバムのおはなし。

Formula Tre「La Grande Casa」
la grade casa
Tony Cicco / Drums, Percussion
Gabriele Lorenzi / Keyboards, Bass
Alberto Radius / Guitars, Bass

74年作、伊バンドのFormula Treのラストとなる4作目のアルバム。邦題「神秘なる館」。
1st、2ndもなかなかサイケなアルバムですきなのですが、最終作はなんでしょう、やっぱりメイがブリティッシュ好きだからか、一番すき。カンツォーネ!の国イタリアらしく、全編歌物でロマンティックなボーカルが聴けます。
しかしもう1曲目「Rapsodia Di Radius」冒頭から叙情的なアコースティック・ギターがしびれる!乾いたとも湿ったともメイには聴こえます。それがイタリアらしくって、泣けます。
最強の幕開け。
3曲目や表題曲も幻想的な雰囲気のなかで洗練された演奏。
こんなに作りこんだ感があるのに、結構リラックスしてるように聴こえる。やっぱりお国柄?
そしてやっぱり聴きどころはアコギです。美しいいい。

オープニングの美しさに酔いしれるー。


エンディング。



ラディウスのラプソディが「Rapsodia Di Radius」なら、メイのらぷそでぃはイタリア語で「Rapsodia Di Mei」だな。
みんなラプソディしたいのだな(意味不明)

というか、やっぱりこれを生で聴けると思うとフェス行きたいよーう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apollochocolatte.blog70.fc2.com/tb.php/66-4f0da6db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。