スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tai Phong「Windows」 

Tai Phong「Windows」
tai phong

下書き消化試合2回目。
このアルバムはトーキョーへ帰省したとき書こうとした記事。
一応ね、タイミングという意味ではちょうど台風上陸の時で、ベストだったわけなのですが…
Tai Phong(ベトナム語)=台風 だから。
まあよくあるはなしだね。
ほんとに嵐のようにヘビロテしてたのですこのアルバム。

フランスのバンドの2nd、76年発表のアルバム。
うわぁ、ひさしぶりに聴いた~。
フランスのプログレ・バンドといえば、やっぱりAtollとかANGEとか?
でもメイはまっさきにタイ・フォンが思い浮かぶくらいかなりお気に入りのバンドだったなぁ。
残念なことに3枚しかアルバムは残してはいませんが、とくにファーストと、この「Windows」は叙情系がおすきなかたはオススメ。
このアルバムは1曲目からもってかれます。
1.の「When It's the Season」、イントロのラテン調の攻撃的なギターがもうカッコイイ。
ボーカルがハードロックのシャウト系なのだが、緩急もすばらしい。非常にドラマチックね。
「St. John's Avenue」は何かテクニックが…とかいう感じではないけど、おセンチな雰囲気に時折はさまるギターとベースの疾走感のあるストロークが魅力的!

それにしても攻撃→メロウとか一瞬で切り替わるけど、ほんとその手腕どうかしてる。このくらいクサいメロディのも大好きですほんと笑

毎回思うんだけど、ボーナストラックのシングル曲、ほんといらない~。
アルバム構成上じゃますぎる。大多数のひとはコレ、うれしいんですか?
あとよくあるのが、長い曲をシングル用に短くしたバージョン。
大衆に向けて切り取った音楽なんて興味ないのだが爆←
う~んファンならうれしいのかなあ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ファンでもどうですかね

タイフォン1曲目のギターいいですよね。
しかしわかりますわ~
プログレのアルバムにボーナスやシングルっつうのは不要ですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apollochocolatte.blog70.fc2.com/tb.php/38-6c00b864

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。