スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kansas「Song for America」 

Kansas「Song for America」

song for america



テスト期間中のはずがあえての投稿、逃避行(笑)

8月28日、第2回目のプログレッシヴロックフェス@日比谷野音開催でございますね!
(話題が古くてもうしわけない)
わたくしメイも父となかよく参戦予定でございます!実はプログレバンドのライヴは初なんですよ~。
いや~胸も踊りますよね。
Tシャツとかあるのかな、買いたい、すごいアピールしたい!
どのライブDVDだか忘れたんですけど、Camelのラティマー氏が「Camel」ってプリントされたTシャツ着てたんですよね~Tシャツってアイドルだけのものじゃないですよね~
しかし哀しいかな、いまだチケットは完売されてませんが…ばっちり空席有○だもん。
哀しいな時代が過ぎてしまうのは。
まぁ過ぎてるからこそ出逢ってるんですけどね!

ラインナップは
・P.F.M.(え、5年ぶり?このステージのためだけに?ずっと現役だもんなすごいな~)
・Wishbone Ash(ツインギターキター!「百眼の巨人アーガス」しかアルバム聴いたことないけど「The King Will Come」だいすき~)
・Kansas(おっお~アメリカ代表~アメリカ・シンフォ~アメリカ~よくわからない~)


ということで、はじめて(?)アメリカン・プログレに手を出してみます。
カンサスの「Song for America」。75年作2nd。
ジャケットの画像がいつもより小さいのは気のせいではありません。これはカッコいいのか?この気味悪さはいやっす。まあ好みですかね?
そもそもアメリカのプログレなどどんなもんか~?と思ってたのですが。メンバーがイギリスに行ったときにブリティッシュに影響されて、プログレ路線に走ったと。
このバンドにはバイオリニストがメンバーにいるんですよね。
しっかりバイオリンがフューチャーされていて、音に華を添えております。がっつりソロもあるし。
しかも代表作である「Song For America」の冒頭の爽やかさ!そしてシンセのインストがまた宇宙の始まりというか星の誕生を思わせるようでロマンちっく!途中から入ってきた歌はいかにもアメリカっぽい。明るい。アコースティックのピアノとかもすごくクラシカルで、案外成功している…(笑 少し、いやかなりアメリカから~?ってバカにしてました、はい…好みの問題です。
「Lamplight Symphony」も傑作。ストリングスあたりの叙情性ももちろん、中盤のベースラインが素晴らしくカッコいいんですよ。そしてメイの好物、泣き→からの→ドライヴ感。いや、ベースカッコいい。どなた、デイヴ・ホープ。
まあその他、ブリティッシュでハードな曲があったりして、アルバム全体としてあまりまとまりはないけど、ひとつひとつカッコいいからいいのかな~。そしてスペイシーなシンセが多い。それにしても、アメリカでプログレをやると、ブリティッシュ風味プラスあっかるいボーカルみたいになるのか。まあ、好んで手を出す予定はないわーうん、なんかちがう



にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

うらやましいです

自分などロックコンサートとか行ったこともなく、
プログレのコンサートなど夢のまた夢で、うらやましい限りです。

カンサスは、ライブでもスタジオ録音のような完成度の高い演奏をする、
と昔レコードのライナーノートで読んだ記憶があります。

PFMもカンサスもスリリングなバイオリンがいいですよね♪

Re: うらやましいです

コメントありがとうございます!
ありがたいです。バイトでおかねためました笑
カンサスに限らずプログレバンドってテクニック超絶おおいデスヨネ~
たまに安っぽいの聴くとなんかほっとします笑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apollochocolatte.blog70.fc2.com/tb.php/34-30080fe0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。