スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

King Crimson「Lizard」 

王道バンド、とはいえ今のメイの気分では確実にこっちなのでスミマセン…あわわわ
最近お気に入りのこちらのアルバムです。
なんか我が身を客観的に見てみると、退廃的なものが気分ってまだまだ若いのによろしくないよなー。。

King Crimson「Lizard」
lizard
Robert Fripp / guitars, keyboards
Mel Collins / flute, saxes
Andy McCulloch / drums
Gorden Haskell / bass, vocals
Peter Sinfield / words, pictures

70年作、英Islandから発表されたKing Crimsonの3rdアルバム。
後に正式にメンバーになるKeith Tippett、yesのジョン・アンダーソン、メル・コリンズなども参加。
メイの世代でも古典のロック聴くならツェッペリンとクリムゾンは聴いとけ、みたいな(気のせいかな笑)、ルーツに全くなさそうなバンドが自分のモノ~みたいな顔して「精神異常者」間奏に取り入れてたり(悪口 爆)少し音楽好きなら大抵知ってる不思議にメジャーな存在のクリムゾンさんです!
今ではあたりまえのように受け入れていることですが、解散したり再結成したりあるいは細胞のごとく増殖したり分裂したり話題に事欠かないグループでもあります笑
なんでこんなに人が変わってるのにファンはついていけるのか?謎です。

インパクトを求めると確かにないし「これが一番好き」とまでは言わないけど、情景が浮かぶような音の構築、この深淵な美しさがとってもすばらしい!
「Cirkus」ももちろんのこと、「水の精」の美しくてなにか懐かしい情景に涙が…。メロディもポップなんです、フィリップさん。
正直「Lizardlはちょっと長いかも…混沌部分が。。
クリムゾンである意味もあると思う。これはメイがクリムゾンファンというほどでもないから言えるのか?
どうなんでしょうね?




関連記事
スポンサーサイト

コメント

「サーカス」でのあの何かが蠢いているようなサウンドや「水の精」での叙情的な美しさ。

それがピート・シンフィールドのソロ「Stillusion」でも聴けます。
本作はピートシンフィールドの意見が大きかったのかなあ。


Re:


ながらく気づかなくてゴメンナサイ!
そうですねフリップさんと二人でつくったようなものかもしれません。。
ほ~、シンフィールドのソロは聴いたことないので聴いてみたいです!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。