スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Led Zeppelin「Houses of the Holy」 

このままハードロックつながりで王道古典ロックバンドかいていこうかな。
というわけで。全部人から借りて、好きなのに持ってるのはファーストとBBCセッションのみという悲しい事態に陥っているZepです。
(このことからメイは全くコレクトする気がないことがうかがえますネ。意識的に全部あつめようとしてるのほんとケヴィンさんくらいです。あるものは大抵レンタル)

Led Zeppelin「Houses of the Holy」
houses of the holy
John Paul Jones / Bass
John Bonham / Drums
Jimmy Page / Guitar
Robert Plant / Vocals

73年作、Atlanticから発表されたLed Zeppelinの5枚目のアルバム。邦題「聖なる館」
ヒプノシスの有名なジャケット。
この辺はまだヒプノシスのアートワークが中身を追い越してない、いいジャケットですよね!
語り尽くされていると思うので、あんまり言うこともないのですが。
ツェペリンの幅広い音楽性が目に見えて表れ出てきているアルバムです。
人から借りてⅠから順序よく聴いていったけど、生粋のプログレ女子だったメイにはいちばん肌に合ったし、それ以上に強くロックを感じた。
ただ単純にグルーヴに身を任せられて気持ちよい部分もどっちの面もすきです♪
うあーーやっぱり王道って凄い。。イヤミじゃなく。。
隙がないし、やはりとてつもないスケールの大きさです!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

今晩は♪
Zepは大昔、映画観に行きました、このアルバムの頃のライブ映像です。
懐かしいっす!

Re:


長らく放置してしまってごめんなさい…
映画館で観るライブいいですよね☆

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。