スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wishbone Ash「Wishbone Ash」 

Wishbone Ashだとみなさんはどのアルバムがお好きでしょうか?
「Argus」ですかね、それとも「Live Date」?
メイもやっぱりその辺です、ライブ盤以降は聴いたことない。
なつかしいです、プログレフェスで感動の「The King Will Come」を聴けたのでした。
「Argus」が70年代最高峰のアルバムなんて言われたりして確固たる地位を築いているのですが
今回はこのアルバムを猛推薦いたします!

Wishbone Ash「Wishbone Ash」
wishbone ash
Martin Turner / Bass, Vocals
Steve Upton / Drums
Andy Powell, Ted Turner / Lead Guitar, Vocals

70年作、英Deccaから発表されたWishbone Ashのファーストアルバム。邦題「光なき世界」

最初聴いたときは、さすがのWAも1stはB級感がぬぐえないなぁ…と思った記憶がありますが、
久しぶりに聴いたら全体的にジャズっぽい曲やサイケ的なもの、この時代っぽさが表れてたりするのだけど、なんといってもしょっぱなからツインギターが炸裂してるし、勢いがすごい!
特に後半2つの大曲はスリリングです!
英国ハードロックそのもの、といった感じの美しさと1st(時代)の混沌とした感じが両方ある。
ラストの「Phoenix」はのちのちまでのライブでの定番曲です。あまりのかっこよさに震える。。
ベースのドライブ感もすごい。
そして意外にも?というかメイはそういう見方したことなかったのですが、テッド・ターナーのなかなかの色男っぷり…(とはいえいい写真が見つからなくてゴメンナサイ)
思い出した…こういう世界好きなんですよワタシ。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。