スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Kinks「Face to Face」 

ついにメイもアナログレコーダーを導入してしまいました…!
せめて社会人になってから、とか物ふえるし、とか言って渋っていたのですが、据え置き型でいちばん安いの買ってしまいました。
いいんです、別に音のよいやつじゃなくて。
さすがに届いたとき見た目のチャチさにおののきましたけどね笑
そういういいものを揃える楽しみは老後にとっておこうという所存です。
やっぱりなかなか興味深いですね、LPのしくみ笑
軽食食らう感覚でお手軽に音楽聴いてるのとはわけがちがいますね!
それに空気が変わる!メイの部屋が一瞬にして60年代も終わりに近づくロンドンに。
まだ全然わからないんですけどこれ、曲ごとにピッチ変えなきゃいけないんですかね?
曲ごとに音にばらつきがあるような気がするんですけど。

というわけでメイがアナログで最初に選んだアルバムが!
メイのプロフィール画にもあるキンクスのフェイス・トゥ・フェイスです~

The Kinks「Face to Face」
face to face
Ray Davies / vocals, guitar, mellotron
Dave Davies / guitar, backing vocals, lead vocals on "Party Line", "You're Lookin' Fine"
Pete Quaife / bass, backing vocals (except where noted)
John Dalton / bass on "Little Miss Queen of Darkness"
Mick Avory / drums, percussion
Nicky Hopkins / keyboards, piano, harmonium on "Sunny Afternoon"
Rasa Davies / backing vocals on "Sunny Afternoon", "Session Man" and "Rainy Day in June"

66年作、英Pyeから発表されたThe Kinksの4枚目のアルバム。
頭がお花畑…じゃなくて蝶々がわいてるこのおしゃれなようなおしゃれじゃないようなジャケット。
ジャケットのようにちょっとサイケで華やかな味わい。(1~3枚目と比べて、だけど)
ちょうど過渡期のアルバムで、「キンキー・サウンド」といわれるものから大英帝国サウンドに変わっていく過程の、
完成度は高いとはいえないけど荒っぽいそのかんじがメイはとっても好き!
レイ・デイヴィスの気だるい歌い方がいいし、
ポップなキンクスのアルバムのなかでも上位にはいるポップさだとおもう。

倦怠感が漂ってる。


このアルバムでいちばん有名で名作。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

メイさん、今晩は♪♪
レコードってひっくり返さなきゃいけない…それがしっかり聴いてしまいますよね!
そして、部屋の空気一変、良く分かります!
それがたまんないっす(笑)
これからもエンジョイしましょー♪

Re: リュウさん

ふつうにLPで聴いてきた方々はそれが普通とおもって聴いてきたんですよね。
そんなに買う予定はないですけど、たのしみたいです!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。