スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cockney Rebel「The Psychomodo」 

今回は最近買った中からひとつ。前回の「Bloody Tourists」にもキーボードで参加してたDuncan Mackeyもいたことのあるバンド、コックニー・レベルです。
去年の今頃は60年代も終わりかけのサイケデリックな頃のバンドばっかり聴いてたのですが(大丈夫か笑)
最近はまた70年代の楽しい楽しい時期がたのしい。
といいながら、今回もちょっと退廃的なこのアルバムで。。

Cockney Rebel「The Psychomodo」
psychomodo
Drums, Percussion / Stuart Elliott
Keyboards / Milton Reame-James
Violin [Electric], Guitar / Jean-Paul Crocker
Vocals / Steve Harley

74年作、英EMIから発表されたCockney Rebelの2枚目のアルバム。邦題「さかしま」
「さかしま」って言葉メイはしらなかったので調べたんですけど、「道理に反すること」なんだそう。
Cockney Rebel(ロンドンの反逆児?)が「逆しま」な行為をする…これはとても道理にかなってるけど。…それはさておき。
最近の記事の流れで英国のちょっとヒネクレpopを選んでいるのですが、Cockney Rebelはデカダンな雰囲気をもったバンド。
このバンド、Steve Harley主体のバンドでCockney Rebel→Steve Harley & Cockney Rebel→Stee Harleyとどんどんソロ化するのですが、このアルバムはちょうど良い毒っ気もありつつキャッチーさもある楽しいアルバムです!
(みんなどんどんアメリカナイズされてしまうのです)
多くのひとが認識している「POP」のように、つい口ずさんでしまうというタイプじゃないけど
グラムっぽいバイオリンもいいですね!
あらためてバイオリンという楽器の音の派手さを感じました笑
このへんのバンドは、メイのようなプログレ上がりもとても楽しめるかと。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。