スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10cc「Bloody Tourists」 

10ccといえば「How Dare You~びっくり電話~」ですが、メイのらぷそでぃ的にはこのアルバムで。。

10cc「Bloody Tourists」
bloody tourists
Eric Stewart / vocal, guitars, piano, synthesiser, organ
Graham Gouldman / vocals, bass, guitar, percussion
Rick Fenn / guitar, organ, Moog, vocals
Duncan Mackay / synthesiser, piano, violin, keyboards
Paul Burgess / percussion, congas, drums, glockenspiel, marimba, tambourine, timbales, triangle, bells, drums, vibraphone
Stuart Tosh / drums, percussion, tambourine, bells, vocals, lead vocal (B 1)

78年作、英Mercuryから発表された10ccの6枚目のアルバム。
世界旅行をテーマに全編妄想の海。
このアルバムに参加してるスチュワート・トッシュがCamelに参加してたことがあるということで、その辺がとても当ブログにちょうどいいのではないかと。
題名のように多国籍な音がいっぱいするし、素直にいい曲が多い!
その「素直にいい」っていうのが10ccの場合あんまりいいように言われなかったりするのかもしれないけど、これはこれでいいと最近思えるようになった笑
「Dreadlock Holiday」も10ccのレゲエ曲にしてはいい曲(?)
レゲエであってレゲエっぽくないかんじが絶妙でいい。。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。