スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Roy Wood「Boulders」 

テンプレート変えてみました。うん、新鮮!(自己満)
なんか久しぶりにCDわさっと買ってテンション上がってます。
きっとおそらくあしたメイんちのポストはたいへんなことに…笑
おうちにひきこもってモリモリ聴きたい~~

Roy Wood「Boulders」
roy wood
Producer, Performer / Roy Wood

72年発表、英Harvestから発表されたロイ・ウッドのファーストソロ作品。
クレジット見てもらえばわかるけど、ロイさんの一人演奏、多重録音です。
しかもおもしろいことにELOの前身バンドThe Moveのラストアルバム、ELOのファースト、Wizzardのファーストを同時進行でつくっていた時期のアルバム!
ELOは実験的なことをやりつつ(メイは未聴なので風のうわさによると、です)、Wizzardはダークっていうか重いというかどろんどろんしてるというかって感じで、ソロではこんなに繊細で美しい音をやっているという奇跡!
でもみんなポップなのは変わりないんですね。
楽器的にも音楽としてもいろんな音がして、聴いててとてもたのしい。
メイは旧B面のほうがすきかな。
これそういえば今年の春に廉価盤ででているので、手に入りやすいですよ!



ELOのほうは実は「A New World Record」を1回こっきり聴いただけで、あんまりよくしりません…
聴いておいたほうがいいのかしらん。
まあでも人気だもんなー。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。