スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hatfield and the North「The Rotter's Club」 

秋にブリティッシュロックが似合うから秋は好きだとおもってたけど、それよりもこれらを聴いてないと秋をやりすごせないことに気づいてきました。
寒いさびしい、北の異国の地じゃ余計に。
長い冬がはじまるかと思うと気が重うございます。

せっかくカンタベリーの流れなのにこのアルバムを書かずに通り過ぎるわけにはいかない!ので、
メイがカンタベリーの沼にはまってしまえ!というきっかけになった全人類オススメの大名盤!をば。。
(全人類なんてスケールの大きいことになったのは、たぶんアルマゲドンを観たせいです笑 はずかしながら初めてみました。ちょっとねむかった。笑)
すくなくともメイはこのアルバムがない状態で、人生いきていける気がしません。おほほ

Please do not taking seriously,really.ええ。

Hatfield and the North「The Rotter's Club」
rotter's club
Dave Stewart / keyboards
Phill Miller / guitars
Pip Pyle / drums
Richard Sinclair / vocals, bass

75年発表、英Virginから発表されたHatfield and the Northのセカンドアルバム。
前述のCaravanをぬけてリチャード・シンクレアが結成したのがこのハットフィールズ。
スーパーグループです
1st、ハットフィールズを解体したのちのNational Healthもいいんですけど、やっぱりいちばん取っ付きやすいのはこのアルバム。
ふだん音楽あまり聴かない人にも「なんかイイ」ということは伝わる模様です。(実体験)
曲の良さ、メロディの良さが際立っているのもさることながら、うねるベース、鮮やかなドラム、エレピ・オルガンとギターの応酬などなど演奏がとにかく濃密で圧巻なこと!しかも淡々と。
スピーカーにじっくり向き合いたいアルバムです。

いわゆる様式としてのプログレからは離れつつあるメイですが、このハットフィールズを始めカンタベリーの皆々様とはすえながーくおつきあいしていくことになるとおもいます♪


長さに負けず、聴いて欲しい。。この美しさは無二、エヴァーグリーン!


こんなコンパクトでポップな曲もあります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。