スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P.P. Arnold「The First Lady of Immediate」 

新しい年になりましたね。2014年。
久しぶりにマイPCがキー入力できるようになったのでブログ更新です笑
2013の大晦日は実家で特になにをするでもなく過ごしましたが、厚焼き玉子だけつくりました。そばも食べたし。
年が明けるころには、寸前まで寝てた父がむくっと起き出したりしてなんだかんだみんなリビングに集まってきます笑
今年はもっと体系的に音楽を聴きたいなっ。よろしくおねがいします。


P.P. Arnold「The First Lady of Immediate」

the first lady of immediate

67年作、英Immediateから発表されたPP Arnoldのファーストアルバム。
このかたストーンズのプロデューサーであるアンドリュー・オールダムのアメリカから連れてきた秘蔵っ子で、生粋の黒人シンガー。
このときの彼女のバックバンドがおなじくイミディエイトに所属していたThe Niceです。
イミディエイトは少人数の和気あいあいとした雰囲気だったみたいで、おたがいに力を貸し合うのはよくあったみたいです。
というわけなので、スティーヴ・マリオットが曲を書いてたりSmall Facesがバック演奏してたり、そのへんの人たちのミューズです!
全編オールダム、ミック・ジャガー、マイク・ハースト、マリオットなど曲によってプロデューサーが違うのでバラエティ豊か。
「The First Cut Is The Deepest」はRod Stewartのバージョンが有名ですが、もともとはCat Stevensというひとが曲を書いて、自分で歌ってたものをPP Arnoldに売ったものなんだそう。
Rod stewartバージョンも渋くていいけど、PP Arnold版のほうが原曲に近くてロマンチック&ソウルフル!
ちなみにボートラの「Come Home Baby」ではロッドとPP共演してます。
わくわくする組み合わせですね!

2枚しかアルバムは出してないけどミュージシャンズミュージシャンとしていろんなところに顔だしているみたい。
ピーガブとかハンブル・パイとか。






今回はずいぶんといろんな人の名前がでてきました。
このまま起きて初日の出を見るか迷ってます。今ねたらとりあえず起きれないことは確定してるのです笑
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。