スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tempest「Living in Fear」 

こんにちは、いまメイはすがすがしい気持ちにみち溢れてます。
これはなにも部屋においてあるアロマディフューザーのペパーミント(虫除け作用有)の匂いのせいだけではない!
嗚呼夏だ、テストが終わるって何と素晴らしいのでしょう。
ビアガーデンいきたい。

そんな時候を感じさせる文ではじまりましたが、今回は熱いハードロック!
夏は涼しげなのもいいけど、熱いのも聴きたくなります。
イタリアものとかも逆に夏に聴くのがいちばんしっくりきます。
ことしの夏はブラックな音楽をどんどん聴いてきたい!

Tempest「Living in Fear」
living in fear
Ollie Halsall / guitar, Moog synthesizer, piano, vocals
Mark Clarke / bass, vocals
Jon Hiseman / drums, percussion

74年作、英Bronzeから発表されたテンペストの2ndアルバム。
我らがケヴィンさんの片腕的存在のオリー・ハルソール氏お目当てでしたが、元コロシアムのJohn Hiseman、1stにはなんとAllan Holdsworthが参加してることで有名。
ollie halsall

シンセも操っております、オリーさんのケヴィンさんバンド以外での活動ではいちばん好きです。
(というか他をたいして聴いたことがないけど、Pattoとかいいのかしら)

曲自体は既聴感あるような気もするけど、演奏が熱くて3ピースながらというか、3ピースだからというべきか音がぶ厚くてかっこいい!
オリーさんが隙間隙間をどんどん埋めてってるかんじ。
オリーさん作曲の表題作、「Waiting for a Miracle」なんかはポップでやっぱりちょっと変でとってもいいです。
こういうところでケヴィンさんと合うのかなあ。
ビートルズのカバー「Paperback Writer」は、メイは聴いたことあるかないかくらいだったので普通にオリジナルとして聴いてしまいました。
オリジナルアルバムにはいってない…ですよね?

ハードロックは最近あんまり聴かなくなったけど、ひさしぶりに聴いたらよいですー



口パクですが笑


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。