スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ian Dury and the Blockheads「New Boots and Panties」 

おひさしぶりです
見てくださってるかたはいるのかしらとおもいますが
いまにはじまったことではないけど学校がつらい。
テスト前で計算ばっかしてます、現実逃避でいまひさしぶりにブログの管理画面あけました。
ていうかブログの存在わすれてました笑
月刊「メイのらぷそでぃ」復刊!!

きょうは朝昼夕関係なくいやがおうにもテンションをあげてくれるアルバム。

Ian Dury and the Blockheads「New Boots and the Panties」
new boots and panties

77年作、英Stiffから発表されたイアン・デューリーの1stアルバム。
Ian Duryは英ロンドンパブからパンク前夜にでてきたひとだけど、Dr.feelgoodとかとはちがってビートバンドというよりは黒っぽい、でもすごくイギリス(ロンドン)っぽいバンド。

このアルバムはファンキー(むしろフュージョン寄り?)な曲、ロックンロールな曲、カリビア~ンな曲まで雑多です。
あのファンキーなバンドと力の抜けたかんじの声の対比がものすごく気持ちがいい!
あくが強くて、冷めてる、けど熱さがあっていい声だとおもう。
好きですよ、そういうひと笑
まあ歌詞は率直すぎてなにもいえないけど笑



独TVショーにでたときの映像。「New Boots and the Panties」収録曲ぜんぶ演ってます。Part2もあります。


さあて、べんきょうにもどるかー。ふふ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。