スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Roy Wood「Boulders」 

テンプレート変えてみました。うん、新鮮!(自己満)
なんか久しぶりにCDわさっと買ってテンション上がってます。
きっとおそらくあしたメイんちのポストはたいへんなことに…笑
おうちにひきこもってモリモリ聴きたい~~

Roy Wood「Boulders」
roy wood
Producer, Performer / Roy Wood

72年発表、英Harvestから発表されたロイ・ウッドのファーストソロ作品。
クレジット見てもらえばわかるけど、ロイさんの一人演奏、多重録音です。
しかもおもしろいことにELOの前身バンドThe Moveのラストアルバム、ELOのファースト、Wizzardのファーストを同時進行でつくっていた時期のアルバム!
ELOは実験的なことをやりつつ(メイは未聴なので風のうわさによると、です)、Wizzardはダークっていうか重いというかどろんどろんしてるというかって感じで、ソロではこんなに繊細で美しい音をやっているという奇跡!
でもみんなポップなのは変わりないんですね。
楽器的にも音楽としてもいろんな音がして、聴いててとてもたのしい。
メイは旧B面のほうがすきかな。
これそういえば今年の春に廉価盤ででているので、手に入りやすいですよ!



ELOのほうは実は「A New World Record」を1回こっきり聴いただけで、あんまりよくしりません…
聴いておいたほうがいいのかしらん。
まあでも人気だもんなー。
スポンサーサイト

Soft Machine「Bundles」 

またまたカンタベリーの大御所バンドから、ソフト・マシーンです。
ちなみにメイのソフトマシーン初体験は問題作といわれているこのアルバムからです!えへ
おかげさまで入れ知恵するひともいませんでしたので、なんの先入観もなく聴くことができましたー。
浪人の夏のことでした。笑

Soft Machine「Bundles」
bundles
Roy Babbington / Bass
Allan Holdsworth / Electric & Acoustic & 12 String guitar
Karl Jenkins / Oboe, Piano, Electric piano, Soprano saxophone
John Marshall / Drums, Percussion
Mike Ratledge / Organ, Electric piano, Synthesizer

75年作、英Harvestから発表されたSoft Machineの8枚目のアルバム。邦題「収束」
プログレ界で最もプログレッシヴな姿勢であり続けたバンドのひとつですよね!
フージョンっぽく爽やかで洗練されてるけど、なんかすごく現代音楽的な面も大きい。
そして1曲目からソリッドでカッコイイ!
耳の肥えてなかったメイにもわかる超絶変なギター…だけども聴いてて妙に気持ちがいいホールズワースのプレイ。
木管楽器みたいなまろやかさ。
耳を疑ったのを覚えてます。笑
これがソフトマシーンだとおもってたけど、むしろ異色だということに気づくのはもう少ししてから…





やっぱりこのアルバムのホールズワースさん凄し。
ホールズワース作品、また聴いてみようかなぁ。
「Velvet Darkness」まったく良くなかったような気がするけど…笑ほかにもいいのあるのかしらん。

Kevin Ayers (and the Whole World)「Shooting at the Moon」 

たいへんショックな訃報です。
我らがボヘミアンヒーローKevin Ayers氏、2013年2月18日永眠されました……。
南仏の自宅で眠るように息を引き取っていたそうです。

ayers1
(image the Guardian)

最後に来日したときのインタビューで「引退する」ようなコトを言いながらも、その数年後に「The Unfairground」を発表したりして、音沙汰はここ5年くらいなかったけどなんだかんだ楽しく過ごしてらっしゃると思ってたのに。
また飄々とシーンに出てくるんだと思ってたのになぁ。

かなり悲しくなって、John Caleもヴァイオリンで参加している「Howling Man」の映像とか見ながらボロボロ泣いてたのですが、諸作品を聴いてたら悲しいは悲しいのだがそういう感情とは別次元なトコロで漂って、ストンと落ちました。
"You can't shine if you don't burn."(燃えなければ輝くことができない)
という言葉が枕元に残されていたらしい。
遺言なのか、死ぬ直前に考えていたことなのかわからないけど、エアーズさんは燃えて輝いて尽きたのかなぁ。

飄々としながら素敵なヒッピーであり紳士でした。
いろんな作品を残してくれてありがとう。

そして今日はその中でメイのいちばん好きなアルバムのおはなし。

Kevin Ayers and the Whole World「Shooting at the Moon」
shooting at the moon
Kevin Ayers / guitar, bass, vocal
David Bedford / piano, organ
Lol Coxhill / saxes
Mick Fincher / percussion, drums
Mike Oldfield / guitar, bass, vocal
Robert Wyatt, Bridget St.John / vocal

70年作品、英Harvestから発表された元Soft Machine、Kevin Ayersのソロ2作目。邦題「月に撃つ」。

時代が時代なのでサイケ風味ではありつつメロディがすばらしい。
「The Oyster and the Flying Fish」はあのBridget St. Johnがエアーズさんとユニゾンで「Urah~Urah~Urah~Urah」うたっていることでも有名ですが、もう世界観もポップさもケヴィンちゃんらしくってカッワいいー!のです。
適度?にアヴァンギャルドなのもまた魅力。
メイが初めてこのアルバムを聴いたときは、まだ現代音楽的なものに慣れていなかったので、急にテープ誤操作みたいなノイズが入って思わず「あれ、盤面良好だったよな?」って確認してしまいました。
そういう適度っていうかかなり変なところもありつつ。
そして若手新人マイク・オールドフィールドのベース&ギターが全編冴えておりまして、オープニングの「May I?」からメロディアスなベースラインに耳を奪われます。
能天気な浮遊感。
「Joy of a Toy」のはなしでもいったような気がしますが、このアルバムもエアーズさんを表すようなチャーミングなアルバムです。
ああ、そんなことを言うと泣いてしまうわ☆
アルバムが月を撃って終わるのもオツです。(聴いてみたらわかります♪)

やたら画質の良い映像で若きエアーズさんの「May I?」が聴けますのでぜひ。ちなみに長髪イケメン大型新人マイク・オールドフィールドもいますのでぜひ。
イギリスのロック番組「OLD GREY WHISTLE TEST」の映像です。




Thank you and so long, Kevin.
R.I.P.
Love.

↑カッコつけてゴメンナサイ。(素直に終われないメイ)

Kevin Ayers「Joy Of A Toy」 

スマートフォンにして1年。
なんだかんだこなれた様子で人差し指でメールをうったりしているのですが、スマホの不調によりICカードを差し替えて今まで使っていた携帯でメールをうったら、ひさしぶりに手にしっくりくる感じを味わいました。
親指で1個1個ボタンをおしていくあの感じ。
ああ、このころは人より頻度はすくないにせよ、携帯を開いたときは誰かに連絡をしようとするときだった。
ぜったいスマホにしてからメール減ったもん。
まぁ、スマホになっても連絡をするひとはするんですよね。
不精な人間でゴメンナサイ。

さてこのところバンドのボーカルのソロ作品が続いておりますが、もうあとこのひとだけ!

永遠のボヘミアン
ayers

Kevin Ayers「Joy Of A Toy」
joy of a toy
Kevin Ayers / Guitars, Bass and Vocals
Robert Wyatt / Drums
David Bedford / Piano, Mellotron, Arranger
Mike Ratledge / Organ
Hugh Hopper / Bass (1 & 5)
Paul Buckmaster / Cello
Rob Tait / Drums (6 & 9)
Paul Minns / Oboe

69年作品、英Harvestから発表されたケヴィン・エアーズの1stアルバム。
ケヴィン・エアーズはSoft Machineの母体となったWilde Flowerに参加し、Soft Machineにもオリジナルメンバーとしてデビューしたが、ツアーの団体行動に疲れ脱退。
その後はソロとして生来の自由人ぶりを発揮しながらも、人脈を生かしつつ独特の音楽観で活動してきたアーティスト。

このアルバムはソロ初作品ながらも、ケヴィンさんの魅力というか人柄が惜しげもなくさらされています。
メイもケヴィンさんには「Joy Of A Toy」から入ったので、そりゃ初めて聴く時はどんな音だろう?と身構えますが、もう1曲目「Joy of a Toy Continued」のオープニングから脱力。膝から力が抜けました。
そしてケヴィンさんの低くて余韻を含んだような(意味不明?)歌声と思わず口ずさんでしまう楽しげなメロディ。
通して聴いてみればそれはアルバム最後まで変わらない。
演奏では古い仲間たちがみんなでバックアップしているので、もちろん個性的な音はいっぱいする。
ワイアット氏なんかは全曲参加してるしね。

上の画像を見ても思うけど、色男だしそもそも愛嬌があってかわいいよね。
「まあああいうヤツだからしょうがないよねぇ」っていってゆるされるタイプ、ケヴィンちゃん。(え、ゆるされてない?)
愛嬌だけじゃなくって人柄もいいんでしょ。
じゃないといくら才能があるからって、古巣のメンバーが「つかれた」なんてワガママいって抜けた人の作品に参加しないもの。
そしてのらりくらりしているとはいえ、音楽には真摯であり、世間に迎合することなく自分のインスピレーションを大事にしてきた真のアーティストなんです。ええ。


ケヴィンさんがいうには、デヴィット・アレン氏とはいちばん密に連絡を取り合う仲らしい。
デビューそうそうに脱退した仲笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。