スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Camel「Mirage」 

ゼムからバーデンスさんつながりで。
メイの愛するAndrew Latimerのいるバンド、Camelです。

camel

なんといっても人よりちょっぴりクラシックを聴いているだけの、ふつうのJ-POP好きだったメイが今の音楽漬けになった原風景にはこのCamelさんがいるわけで、大切なバンドだし、知名度なんてなんのその、誰がなんと言おうとラティマーは泣きの名ギタリストなの。
ひさしぶりに聴きます。

Camel「Mirage」
mirage
Andrew Latimer / guitars, flute, vocals
Peter Bardens / organ, piano, celeste, mini Moog, Mellotron, vocals
Andy Ward / drums, vibes, percussions
Doug Ferguson / bass

74年作、英DeramからリリースされたCamelの2枚目のアルバム。
プログレ畑では有名なのですが、ひとたび畑をはなれると…からっきし。ちょっと出てくるのが遅かったのかなとか思ったり。もっともプログレ界で売れたのは四大バンドくらいか。
純英国産といえるような美しい音楽を奏でるバンドで、今作はとりわけ題名通りの幻影的な雰囲気の中にギターのラティマーとキーボードのバーデンスの掛け合い、多彩なドラムのかっこいい演奏で高まります。
これがこのアルバムと中期あたりのアルバムの違うところで、良いという人ももっと流れるような方がいいという人もいるんだと思います。メイはどちらもいいのだけど。
「Freefall」はフュージョン系の(全体的にそうなんだけど)爽やか感が比較的強くて、オープニングの強烈なキメは非常にかっこいい。メロディはださいね。ドラムのワードはジャズロック系のドラムを叩くひとだけど、そのなかでもかなり軽やかに叩く人で、ハイハットふんだんに使う。
ギターは超絶技巧型はあんまり好きじゃなくて、土臭いブルージーなギターまたは独特な音色をだすほうがすきです。そこでラティマーのギターはもちろんテクニックはすごいのですが、最初に思ったのが「あ、ギターって楽器なんだ」っていうこと。
彼のギターは静かに心を揺さぶります。
そしてメロディ職人。ライブをみれば、顔の表情でもメロディをかんじている。(これは年を重ねるごとに顕著に)
単なる自己陶酔とはわけがちがうと思います。
「Superwister」はフルートとオルガンがリードする夢見心地の3分。またドラムがいい仕事してる…
「Nimrodel / The Procession / The White Rider」は指輪物語をモチーフにしたメドレー。この曲ではラティマーの泣きのギターが炸裂する。ヘタウマボーカルがなんていうか悩ましげでいい。静と動が中盤以降とはっきりしてくる。
昔はムーグとかわけわかない音がいっぱいで、不思議な音世界でした。あ、そう、今サイケも聴くようになったので意外とサイケ的な要素持ってたんだ、と少しびっくり。
「Earthrise」はそれぞれのもっているテクニックの応酬でものすごいエネルギー。
そしてラストの「Lady Fantasy」…冒頭のオルガンだけで衝撃だったなぁ…ドラマティックな大曲で、ラティマーの泣きのギターが…変拍子の嵐で…名曲の前に言葉がつきる自分がいます。。
押しつけがましくなく、リスナーだけの情景をみさせてくれる不思議な曲たちです。
このアルバムと、ファーストの「Never Let Go」だけは霧の都ロンドンで現地で聴きたいと切実に思ってる。

英語のWikipediaにメンバーの在籍期間の比較の図があって、それが結構おもしろかった。
メルコリンズって3年もキャメルにいたんだって思ったり。
元Caravanメンツが増えてCaramel(だったっけ)とあだ名されるとか、たしかにCamelの時代があったんだって思います。

キャメルってプログレとか抜きで、ぜんぜん聴けると思うんだ。
昔ふつうのロックファンの男子に貸したことあるけど気に入ってくれた。(まあただ彼が「いまいちだった」というのかどうかというのは交流がとだえた今となってはわからない☆)
メイはファンだから全アルバムすきだけど、「Snow Goose」はポップで聴きやすいからロックファンじゃなくても入りやすいだろうし、ファーストとMirageはロックファンもいけると思うし…
とはいえ、ロック好きの人で琴線にまったくひっかからないという人がいるし、黙ってかけてみても「TVみるから曲とめてくんない」ってまったく興味をしめされない場合もあるから、人間って不思議だなぁ。えーん

Lady Fantasyはいまでもライブの定番だけど、アンディ・ワードが叩くLady Fantasyがスリリングで緊張感あっていちばんすき。もっともこの動画はそうでもない。


ちなみにメイの音楽好きなちちうえとはそんなに聴くものがかぶってないのですが、キャメルはちちうえも大好きなバンドでして、いまでも実家に帰省したときはキャメルのライヴDVDをリビングの大きなTVとBOSEのスピーカーで楽しみます。
もうすぐ年末だから観れるぞ。ふふーん
あー、去年の夏、プログレフェス2012はキャメルだろうと期待をこめて予想したのにはずれたなぁ。
来てくれないだろうか。
まだ単独やれるくらいまでは回復してないか。

andy
こんなひとはずっと元気でいてほしい。やりたいことをやりきってほしい。
スポンサーサイト

Darryl Way's WOLF「Saturation Point」 

saturation point



学期末のテストもおわったし、言うほど忙しくないのにブログも続かないというこの体たらく。
1回書いたら満足しちゃってしばらくどうでもよくなるんですよね~
それにちゃんと聴いたりそれなりに情報収集したりしてブログを更新するのはなかなかの労力で、つまりは言い訳です。
言い訳ではじまらない記事を書きたいところですな!
ところで、しばらく濃い~音楽きく気分になれなくて、試験中ずっとゆーちゅーぶでフレンチポップスあさっていたのですが、思っていたよりも妖しい魅力、強烈個性に目を疑いました。
とくにミレーヌ・ファルメール、なんですかあのひとは??
音楽的にはユーロビートが基本で、あんまりどのアルバムも聴きたい!とはならんけど、女性的な美しい声で
そんで初期のPVがとんでもない世界観笑
ゴシック調の血なまぐさい短編映画のようなうえに、もうほとんどエログロに近い爆
意中の男性をミレーヌに奪われたゴシック衣装の女性が、胸を揺らして狂ったように血を流して倒れるまで殴っているのはかなり怖い笑
男装ミレーヌさんから漏れ出る妖しい色気にはほんと感服ですよ、はい。
これが年を重ねるとだんだん大人の女性の魅力になっていくのですね。
このひとがフランスの代表的な歌姫なんだから、やっぱりお国柄ってあるんだなあ。
エロの許容範囲がひろいね爆

前置き長くなっちゃった、
ダリル・ウェイズウルフのセカンドです、本題は!

サードの「Night Music」がかなりお気に入りで、このアルバムも購入したんですけど
(基本的にファーストから聴くタイプなのに殊にプログレにかんしてはなかなか出会えないのでダリルさんのようにサードから聴くことも多いんです。)
まずはい、ジャケット趣味悪い爆
まあ3作出してますがどれも良くはないけどね。
サードがポップでありながら実験的であったのにたいして、これはけっこうまっとうなハードロックです。
サードはヴォーカルが強化されてヴォーカル曲も多かったですがセカンドはファーストの反省もあり、ほぼインストゥルメンタル。
よかったのは後半2曲。
ラストの「Toy Symphony」ヘヴィなかっこよさもあり、シンフォニックな響きもありダリルさんのヴァイオリンが全面に出ておりましてこれがクラシカルな雰囲気だしてます。
なんつーかヴァイオリンに先導されるロックってかっこいいですよね。
すてきぞよ
でもやっぱり全体的に勢いがよいですね~
みなさんテクニシャンではあるけど、ギターのエサリッジさん特に超絶。
あんなトレモロできます?ふつう。
なんだろう、このバンドすき。
ダリルさんはカーヴド・エアで名を馳せてるし、エサリッジ氏はソフトマシーンで有名だしドラムのイアン・モズレイはマリリオン、ベースのデックメセカー氏はキャラバン?
これはたしかにダリルウェイズウルフ、影薄まるわ~中身的には劣らないのに残念です。
ファーストも早く手に入れねば。
ただびっくりなのはエサリッジ氏のウルフ加入前のバンド、イカルスがツタヤにあったこと!
大通ストレンジデイズの紙ジャケ復刻盤に強いぞよ
ありがたいぞよ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。