スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Kinks「Face to Face」 

ついにメイもアナログレコーダーを導入してしまいました…!
せめて社会人になってから、とか物ふえるし、とか言って渋っていたのですが、据え置き型でいちばん安いの買ってしまいました。
いいんです、別に音のよいやつじゃなくて。
さすがに届いたとき見た目のチャチさにおののきましたけどね笑
そういういいものを揃える楽しみは老後にとっておこうという所存です。
やっぱりなかなか興味深いですね、LPのしくみ笑
軽食食らう感覚でお手軽に音楽聴いてるのとはわけがちがいますね!
それに空気が変わる!メイの部屋が一瞬にして60年代も終わりに近づくロンドンに。
まだ全然わからないんですけどこれ、曲ごとにピッチ変えなきゃいけないんですかね?
曲ごとに音にばらつきがあるような気がするんですけど。

というわけでメイがアナログで最初に選んだアルバムが!
メイのプロフィール画にもあるキンクスのフェイス・トゥ・フェイスです~

The Kinks「Face to Face」
face to face
Ray Davies / vocals, guitar, mellotron
Dave Davies / guitar, backing vocals, lead vocals on "Party Line", "You're Lookin' Fine"
Pete Quaife / bass, backing vocals (except where noted)
John Dalton / bass on "Little Miss Queen of Darkness"
Mick Avory / drums, percussion
Nicky Hopkins / keyboards, piano, harmonium on "Sunny Afternoon"
Rasa Davies / backing vocals on "Sunny Afternoon", "Session Man" and "Rainy Day in June"

66年作、英Pyeから発表されたThe Kinksの4枚目のアルバム。
頭がお花畑…じゃなくて蝶々がわいてるこのおしゃれなようなおしゃれじゃないようなジャケット。
ジャケットのようにちょっとサイケで華やかな味わい。(1~3枚目と比べて、だけど)
ちょうど過渡期のアルバムで、「キンキー・サウンド」といわれるものから大英帝国サウンドに変わっていく過程の、
完成度は高いとはいえないけど荒っぽいそのかんじがメイはとっても好き!
レイ・デイヴィスの気だるい歌い方がいいし、
ポップなキンクスのアルバムのなかでも上位にはいるポップさだとおもう。

倦怠感が漂ってる。


このアルバムでいちばん有名で名作。
スポンサーサイト

The Kinks「Arthur or the Decline and Fall of the British Empire」 

お久しぶりです。
前回の記事では「この夏はブラックミュージックをいっぱい漁るぞーー!」なんて言ってたんですが
もうすっかり人肌恋しい時期に。。
そんな寂しさや漠然とした不安とかをまぎらわしてくれるのか、はたまたさらに寂しい気持ちになるのか、とにかくメイのお膝元(別に治めてはない)、ブリティッシュロックの季節です!!
そしてメイも久しぶりにはまってます!
英国純粋培養The Kinks、当ブログ2回目の登場!(1回目はコチラ)
なんかもっと書いておきたいバンドある気もするんだけどネ…

The Kinks「Arthur or the Decline and Fall of the British Empire」
arthur

69年作、英Pyeから発表されたThe Kinksの8枚目のアルバム。邦題「アーサー、もしくは大英帝国の衰退と滅亡」。
この頃はやりのコンセプトアルバム~♪
同じ時代に生まれたコンセプトアルバムにはビートルズのサージェントペパーズやフーのトミー、いちばん古いといわれているプリティシングスのS.Fソロウなんかがありますが、メイは一番好きだな、全部歌えるし。(…と言いたかったところですが、S.Fソロウもいいな)
ビートルズの名前がでてきたのでついでに、これは長年の疑問なんですけどリアルタイム世代以外の方、つまり後追い世代でもビートルズを崇め奉っていらっしゃる方が多いのはなぜでしょう?
その時代の先進性という意味ではリアルタイム世代の方が崇めるのはわかるんですけど、そのた他のバンドと何が違うのか、まだメイにはよくわかりません。。
まあこの話に進んじゃうとキンクスさんから外れちゃうので、ビートルズのアルバムのことを書くまでに考えておこうとおもいます!ついでおわり。ちゃんちゃん。

そしてそして前にも書いてますが、メイの英国好きはCamelで"英国の音"というのを知り、キンクス(と、もしかしたらWishbone Ash)で完成したということで、キンクスというバンドはメイの音楽遍歴で大変重要な位置づけになっています。
さらにいうと、メイが完全なる(シンフォ系)プログレ女子にならなかったのはキンクスのおかげもあるかもなのだ。
プログレっぽいものから離れてもこんないい音楽があるんだよ、っていう。
こんな外国の、しかも自分の生まれてない時代の、さらにアンダーグラウンドのロック聴いて、「ああ、これがわたしの求めてた音だー」なんてノーテンキにぬかしているのはキンクスさんの責任もあるということです、ふふーん。。

肝心の中身は前作「Villege Green~」が牧歌的だったのに対して、ロックだしドラマティックな曲が多いです。名曲「Shangri-la」を筆頭に。
何度も聴いてる今でもそのイントロが流れるとその美しさに震えます。
ぜんぶ事細かに言いたいくらいいい曲ばっかりなのだよ!
なんか本当に好きなものって、「素晴らしい」ってことばしかでてこない。。
そしてこんな大仰なタイトルで曲もドラマティックとはいえ、アーサー王のことをうたってるのではなく、「アーサーという名の一市民」の物語だっていうのもおもしろい。
正直メイも初めて聴いたとき「Shangri-la」は一発で気に入ったんだけど、他の曲は一発で入ってこなかったな。
2、3回目でようやく「あれ、いいでない??」って思った。
聴き込み甲斐ありますので、これから聴く方はゼヒ何度もチャレンジしてみてくださいませね!



本国ではオリンピックの閉会式にでるくらいの大型バンドかもしれないけど、日本じゃキンクスのキの字もでてこないよねぇ。
売れるためには女性の黄色い声がひつようなのよね…
世知辛いのう。。
とはいえそういうメイも恋人にしたいひとといえばレイさんより絶対的にケヴィン(Kevin Ayers)さんなのだけども。ウフ
ついでにケヴィンさんの今いちばんのお気に入りは「BBC Radio 1 live in concert」です。
ホールワールドと管弦楽団をバックに、最高の選曲。。

余談の多い記事でした。サヨウナラ

The Kinks「Something Else」 

続かないとは思うけど、すこしブログの内容にも文脈をもたせてみたりなんかしたりして今回はブリティッシュ現役大御所バンドのキンクスさんについてのおはなし。

バンドのフロントマンであるRay Davies、いろいろなところで活動が見られてメイ的にもうれしい。
オリンピックの閉会式でも見れたし、今年のフジロックにもキンクスとしてではないけど参加していて(いきたかった!)、来年新譜がでるかもみたいなこと言ってたんでしょう?ふふーん

kinks
かわいいね、みんな。

メイはなんの脈絡もなくプログレから洋楽というかロックに目覚めたので、「えっプログレ好きでなんでこのバンド知らないの?」みたいなことが聴き始め数年はままありました。
キンクスも大学はいってから知ったバンドのうちのひとつ。
だってそもそもキンクスさんてば、第一次ブリティッシュ・インヴェイジョンを巻き起こした代表バンドであり、ビートルズ、ストーンズさんたちのような世界的に知らない人がいないくらい大スターたちと同等の実力を持っているのに、なんだかほんとに地味だし、知名度も本国ではそれはそれは伝説のバンドでしょうけど…ってかんじで
ちょっと辺鄙な土地(プログレ)に畑をもっていたメイにぁ、なかなかお知り合いになる機会がありませんでした。
最近は評価それでもまだましみたいですが。
メイの英国好きは、Camelで英国の音というのを知り、キンクスを聴いて完成しました。ふふふ
ひとには客観的になれないどうにも好みというものがあって、メイはもうこのへんには無条件で降服してしまいます。。

大勢の親戚に囲まれて育ったレイ少年は、相当な皮肉屋として大人になりました。

The Kinks「Something Else」
some
Ray Davies / guitar, piano, organ, vocal
Dave Davies / guitar, vocal
Pete Quaife / bass, vocal
Mick Avory / drums, percussion
Rasa Davies / vocal

67年、英PyeからリリースされたThe Kinksの5枚目のアルバム。
60年代のキンクスはどれも好きなのですが、このアルバムはとりわけ美しい曲が多くてメイの中で1,2を争ってます。
レイの歌詞を見るとイギリスの生活がよくわかるのですが、「Autumn Almanac」では干し葡萄入りバターロールやらさびれたブラックプールの保養地など生活感にあふれた歌詞が。
さまざまなシチュエーションをうつしだしてくれるんです。
フラワームーヴメントの時代だけど、いつも「人」から離れないというか、そういう感じがメイは非常に好感がもてます。
(そしてそのLove & Peaceのたぐいは音だけに集中するメイ)
「Fa fa fa fa~」でアルバムがはじまって、チェンバロの美しい「Two Sisters」とかねばっこい「Situation Vacant」フロイドの口笛吹きのような「Lazy Old Sun」、「Afternoon Tea」にはレイのソングライティングにほれぼれしちゃうほどメランコリックなメロディ。デイヴ作曲の「Funny Face」も変なイントロが印象的ですきだなぁ。
そして忘れてはならない稀代の名曲「Waterloo Sunset」。
前回の記事で書いていますが、この曲聴いてWaterloo橋から見える夕日に興味がわかない人いないでしょう。
曲も魅力たっぷりです。
レイの声も平面的だし(けなしてるわけではない)なかなか、一聴しただけではわかりにくいとは思うけど、聴けば聴くほどっていうやつで、キンクスさんとは本当に末永くおつきあいできそうです。

レイさんが監督・脚本したTVドラマ「Return to Waterloo」。「A Well Respected Man」のような主人公。未聴。どちらで買えるやら。
return

ちょっとだけ見れるけど、劇中の曲いいなあ。サントラならアマゾンで買えるかな。


たまたま中古CDショップで見つけたレイさんのソロワークス「Other People's Lives
ray
ちょっと大味なMuswell Hillbillies以降のテイストに似てる気がします。さすがに今風にはなってるけど。
メロディがあいかわらずよいよい。。
そういえば早くMuswell Hillibilliesのジャケットのパブにいきたいなあー

は、いつんまにかレイさん特集になってしまった、ふふ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。